ほんのひとさじ

日々の雑記

朔日の御守り -白い「氣守」-

毎月一日のみ頒布される白い「氣守」を求めて、三峯神社へ行った。

 

6/1(木)でも、朝4時時点でR140から三峯神社へ向かう道の二瀬ダムまで渋滞していたとの地元の方の事前情報を受け、7/1は土曜日で混雑が予想されることもあり、目標は「前日に現地入り」とした。

 

GoogleMapによると、我が家から三峯神社までは片道約3時間程度。

金曜の仕事帰りから帰宅後シャワーして着替えてすぐ車で出発した。(19:15)

 

途中で同行者を拾い、関越道に乗り、三芳PAで休憩。

三芳に寄ったのはいも恋まんじゅうを買うため。(埼玉県内でしか販売していない)

蒸したては19時か20時までの販売か既にいも恋コーナーは無人で、お持ち帰り用を購入。

 

その後は休憩せず、花園ICで高速を降り、秩父方面へ向かった。

一度三峯神社へ行った同行者によると、花園IC付近は「まだ "都会"」で、徐々に店やGSがなくなっていくとのこと。

ガソリンが心配な場合は、秩父市街にもあるが、花園IC付近で入れておくことをおすすめする。

 

ドライブスルーやチェーンの定食も多数あり、腹ごしらえもここでしておくのが良さそう。車中泊となるので、まだなければ食べ物や飲み物もできればここ周辺のコンビニで調達しておくと良いと思う。

何故なら、三峯神社に近くなるほどコンビニの数も減り、おにぎりがほとんど売切ですぐに食べられるものは品薄になっていたからだ。ちなみに、秩父から三峯神社へ向かう道ではローソンが多く、7-11やファミリーマートが良ければ見つけたときに入っておくと良い。

 

秩父方面へは、皆野寄居有料道路(現金払 普通車420円,軽自動車・二輪車310円)と皆野秩父バイパスを利用。(途中、「秩父方面はここで降りよ」のICを通過してしまったが、三峯神社へ行くならこの時点の終点「秩父蒔田IC」で結果的に問題なかった模様。2017年度中にはさらに延伸して便利になるとのこと)

有料道路を使わないと、「過酷な山道」だそう。

 

秩父駅付近を通り過ぎ、だんだんと店も人家もなくなっていったが、何故か車が多い。しかもほとんどが地元ではないナンバーの1BOXやミニバンなど。自身もその1台ではあるが、「これがみな三峯神社へ向かうのか…」と思った。

最後に寄ったコンビニの駐車場でも、聞こえてくる会話から、どうやらほとんどが三峯神社へ向かうひとたちだった。

 

対向車はほとんど通らなかったが、反対側の車線の端を、三峯神社方面へ歩いていく人を数人見かけた。登山の装備をしており、夜通し歩いていくようだ。

(最寄駅の三峰口駅の終電は20:53。GoogleMapでは徒歩約6時間)

 

R140から二瀬ダムを過ぎ、山道へ入ってもしばらくは快調に進めた。

折り返す坂道が続き、どんどん標高が高くなっていっていることを耳が塞がった感覚で実感する。途中、鹿が二匹草を食んでいた。

「これなら大丈夫かも」と思ったが、遂に道路上で車は止まってしまった。先が詰まっているようだった。それでもだいぶ山の上まで来ているので、ここまで来て目的を達せないことはないだろうと思った。

ここでの時刻は23時過ぎ。車を止め、エンジンを切り、少し窓を開けた。

梅雨で少々湿気はあるものの、暑すぎもせず、寒くもなく、特別な装備がなくても過ご

せた。

(夏以外、特に厳寒期は標高1100mにつき、冷え込みが厳しいと思われる)

 

車内で仮眠をとるが、あまり眠れない。車を止めて先の様子を見に行く人たちの懐中電灯がチラチラと気になる。駐車場待ちの台数を数えている声も聞こえた。どうやら車の待ち順が40台であることは確実で、あまり待たずに駐車場へ入れるのではないかと希望が出てきた。

到着時には降っていなかった雨も2時過ぎに降ってきて、開けていた窓をさらに細くした。

 

朝5時過ぎ時点の風景。

f:id:cafe_spoon:20170702054724j:image

 

トイレがあると聞いて駐車場へ向かった。1年前にはなかったきれいなトイレが新しくつくられていたそう。自動洗浄機能もあり、とても快適だった。停車場所から駐車場までは徒歩5分程度で行けた。

朝6時過ぎ、前の車が動いた。既に駐車場にいるひとたちの参拝が終わるまで入れないと思っていたが、係員の誘導で駐車場に入ることができた。ただし、普段は駐車場には使わないスペースのようで、できるだけ車を駐車して渋滞を解消しようという町や神社の配慮が感じられた。

あいにくの雨だったが、バイクも多数。機動力では小回りの利く125ccスクーターが良い。参拝後の帰りの車が来る前なら、反対車線側を通って山へ上って行ける。

白い氣守の整理券配布は7時からだが、行列ができていた。配布場所の境内への入口から駐車場を過ぎ、さらに奥の駐車場内まで折り返していて、どこまで続いているのかわからないくらい。

7時前には列が進み始めた。整理券を受け取り、そのまま本殿への順路へ進む。これもまた行列。白い氣守の頒布は8時からだが、8時前には列が動き始めた。

本殿への参拝は線に沿って4列で並ぶ。本殿正面左手の建物が白い氣守は、建物正面右手にあるほかのお守りなどの窓口と、左手の御朱印や祈祷の受付との間の真ん中にある。

白い氣守りをいただいたあと、本殿の左右にあるご神木のいずれかに並ぶ人も多かった。(パワースポットらしい。本殿正面左手の大きな木に並ぶ人がほとんど)

祈祷受付の奥には温泉もあった。(土日祝は9時から)

 

最初の待ち行列がはけたあとは、次に到着する車の状況にもよるが、整理券受取から参拝、お守り授与まではそれほど時間がかからないようだ。

 

雨が強くなっており、早々にひきあげた。

上る途中で路上に車を置いて運転手ともども向かったと思われる駐車した車が複数台、下り坂の待避所を駐車場がわりにしている車も多数あった。(いずれももちろん違反)

気持ちはわからなくもないけれど、事故が起きても不思議ではない状況だった。それに、駐車場に止まっている車は参拝が終わるまで出ないので、ほとんど車の列は動かない。トイレはどうするのだろう。

三峯神社へ向かうと思われる車の渋滞は二瀬ダムを過ぎ、R140沿いの大滝温泉もその先も秩父市街地の手前くらいまで続いていた。

気の毒なのが、配達などの営業車。この日(毎月1日)は地元のひとびとも十分わかっているだろうし、配達などをお休みしても良いのではなかろうか。

 

帰りは、点在している道の駅のスタンプめぐりをし、少し遅めの昼ご飯を食べて帰った。

車中泊かつほとんど眠れなかったので、帰宅後はぐったりだったが、最低限雨で濡れた服などの後片付けをした。

 

今回、初めての三峯神社参拝だったがとても慌ただしくなってしまったので、できれば平日、無論1日ではない日にじっくりと、できれば奥宮まで行ってみたい。

 

<まとめ>

1.最低でも現地に前日入り。(0時を超えると厳しい)

2.ガソリンは満タンで向かう。(長距離の場合はIC付近で満タンにしておくこと)

3.バッテリー上がりに注意

4.持ち物

・十分な防寒着と雨具(山の上は寒い、天気が変わりやすい。足元も悪い)

車中泊を快適にするグッズ(厳寒期は寝袋があると良さそう)

・1-2食分の食事、非常食、飲料(現地調達は避ける)

・暇つぶしになるもの、懐中電灯やヘッドライト

・簡易トイレなど万一の備え

・不意の事態の際、引き返す強い心。

愛情や友情と金

お金がある方から無い方へ流れるのは、自然の摂理に近い原則や原理なのではないかと思う。

お金があればそれを使って何らかの価値を得ることはできる。
無ければないなりに工夫して過ごすこともできる。

「金の切れ目が縁の切れ目」だというなら、その関係はお金だけだったということではないのかな。

会社対会社のビジネスなら、会社を存続させ、従業員へ給与を支払うために、特に金銭面では厳しく接していくだろう。

何故それが友人や恋愛関係になると、「金の亡者」だの「愛情は金ではない」と言うのだろうか。
それは相手が『「お金」が最も価値のあるもの』という価値観を持っていただけのことだ。
相手は自分ではない。

友人や恋人、あるいは配偶者やパートナーと価値観が合わなかった、違っていたことを、相手を非難して自分の正当さをはかる "ものさし" にして、自分が正しいと他人に言わせて嬉しい?

これまで費やしたお金に価値があったかどうか、その答えは自分の心にある。

そのうえで、今後も同じことにお金を使うかどうかを決めるのは、自分自身だ。

コメダ珈琲で朝食を

ある日曜日の朝、いや、朝というより早朝だった。いつもなら絶対に起きない時間に、息子が起きた。
というのも、前日は昼間の疲れと興奮から4時(16時)に力尽きるかの如くぱたりと寝たからだ。
息子は外の明るさを「まだ夕方」だと思っていたようだが、「朝だよ」と言うとおかんむり。
最近始めたサッカーの自主練を公園でしようと誘って出かけた。

ボールタッチやドリブル、練習メニューのうち、ひとりでもできそうなことをひととおりこなし、程よいところで切り上げるため、開店直後なら日曜でも入店できるだろうと目論み、コメダ珈琲へ行った。
私は粒あん好きなので、粒あんトーストのモーニング、息子は卵ペーストのモーニングにした。
お店備え付けの本や雑誌を読んでゆっくり過ごした。子ども向けの絵本もあった。

普段の朝は、ほとんどいつも急かして、そして急いでどたばたと出かける。
早く起きた朝には、こんなゆったりした時間を過ごすご褒美があってもいい。

このコメダ珈琲のモーニングで、すっかり卵ペーストを気に入った息子のブームがあれから1週間以上続いている。
卵をゆで、殻をむき、グラスに入れて、ペディナイフで刻んでマヨネーズと和える。
1人分だけつくれるし、さほど手間もかからないので、私は別メニューにできる。
(過去、息子のブームは焼きそば、フレンチトーストなどがあった。しかも2週間以上。飽きる)

さて、今回のブームはいつまで続くだろうか。

入学祝金(会社関連)

息子が小学校へ入学したので、入学祝金をいただいた。
(注意:自動的にもらえるものではなく、「申請ありき」)

出向で2社に所属しているので、どちらからも支給された。どちらも会費を納めているので、つまりはその還付ということ。いただけるものはいただく。いただいた祝金は、ジュニアNISAで積立予定。

ライフステージが変わるとのことで、共済のパンフレットも配布された。さらっと読んだが、ほとんど必要ないと判断した。
何故なら・・「ねんきん共済の予定利率1.25%」(ほかにも保険(共済)あり)
加入中の某生保の個人年金ですら解約検討中なのに、むりむり!
無リスク資産を一定額取り分けて、期待リターン5%以上のインデックス投信積立を継続する。
(今のところ細々としか積立できないけど、「千里の道も一歩から」)

小銭準備

小学校では突然「○○円持ってきてください」と前日に言われることがあるらしいと聞いた。
小銭はなるべく最小限にしたい主義で、1円玉や10円玉や100円玉が5枚以上あると自分のダメさに悔しくなる性質なので、手持ちの小銭は少なく、余裕はない。
100均(ダイソー)で500円硬貨から1円硬貨まで1つにまとめて収納できるコインケースを買った。

500 * 10
100 * 30
50 * 20
10 * 35
5 * 20
1 * 20
---------
計 9,470円

これを埋めるのに、銀行の両替機を利用した。両替機を利用するには、その銀行の口座があることが条件らしい。

三井住友銀行 円貨両替
http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/ryougae/

1回で500枚まで両替できるので、コインケースを埋める135枚の両替は1度で可能だ。
ただし、ATMコーナーではなく窓口のある場所に設置されているので、銀行の営業時間内(9:00-15:00)に行く必要がある。近くに店舗がある支店だと待ち時間がかかるかもしれない。

私はコインケース購入前に両替をしたので、500円硬貨を除いてビニール包装された1本(50枚)で両替してしまったが、必要枚数だけを両替してその場でコインケースに入れるのが良いと思う。

 

全て埋めるとこうなる。

f:id:cafe_spoon:20170519114816j:image

フルバンク停車(転倒、立ちゴケ)

バイクは通常二輪でバランスを取って乗る乗り物なので、バランスが取れないと、当然倒れてしまう。それを転倒と言ったり、あるいは、立ちゴケ、中には "フルバンク停車" と言う場合もある。
(※"バンク"とは「倒す」の意味で、フルバンクなので「めいいっぱい倒す」=「転倒」となる)

二輪教習には、当然倒した状態の教習車(バイク)を起こす課題もあったが、普通二輪(400cc)のCB400SF(188kg)は一度も起こせなかった。(起こせなくても教習可能な教習所だった。中には引き起こしができないと入校できない教習所もあるらしい)

CB400SF
https://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・CB400スーパーフォア

大型二輪(750cc)のNC750(215kg)は起こせたが、CB400SFとは重心が異なり、車体下部にガソリンタンクがあるからできたと思う。

ホンダ・NC
https://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・NC

しかも、教習車はエンジンガード(エンジン部を保護するバー)が取り付けられており、完全に横にはならない。

YZF-R25は250ccなので比較的軽く、166kgだ。

YZF-R25
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマハ・YZF-R25

実は既に2回転倒させている。

1回目は何故バランスを崩したかもわからないうちに気がつくと倒してしまっていた。まだ扱いに慣れず、エンジン停止後も跨ったままバイクを移動させていた頃、歩道だからとバイクから降りて押して歩いていたところ、バランスを崩して倒してしまった。すぐに近くいた男性が来て起こしてくれた。
そのまま購入したYSPへ行き見てもらったところ、左側へ倒れたときにクラッチペダルがやや曲がってしまっており、工具で直してもらった。金属なので、何度も直せないとのことだったが、そう何度も曲げることはないだろうし、そのときは部品ごと取り替えるしかないと思った。

2回目は確実に原因がある。駐車場から出るとき、二輪は出口のバーの脇を通ればいい(二輪は無料の駐車場だった)のに、前にいた車のすぐ後ろから出ようとしたためだ。完全に自分の不注意なのだが、バーが降りるのが見えたときは時既に遅しで、本能なのかバーをよけようとして左側に倒してしまった。自分の脚が下敷きとなり、少々の打撲だけでバイク本体には致命的な傷はつかなかった。このときも自分では起こしていない。後ろにいた同行者に起こしてもらった。

初めて乗るバイクなので、アドバイスをうけてカウル部分を保護するためのオプションのサイドスライダーを付けていた。それもあって細かな傷はあるが大きな傷や走行に影響する致命的なダメージはない。
YouTubeで「フルバンク停車」「立ちゴケ」「転倒」と検索するとたくさんの動画がヒットする。

YouTube
http://www.youtube.com/

これらの動画で必ず皆やってしまうことがある。
それをしたからといって直るわけもないのに、傷ついた箇所をスリスリ(手で撫でる)してしまうのだ。例に漏れず、私もやった。もちろん、傷は直らなかった。

バイク本体の傷もそうだが、自分自身の心の傷も大きい。購入したYSPの人によると、特に小柄な女性が転倒してしまったあと、乗らなくなってしまうことがあるそうだ。確かに倒す場所が交差点の右折時だったら場合によって大きな事故に繋がる可能性もあるし、また倒してしまったらと考えるとバイクに乗ることが怖いと思ってしまうだろう。

転倒は「みんな通る道」と言われるが、それでもショックな出来事に変わりなく、バイクの車体だけでなく、凹んでしまう。

そうは言っても、また乗るけど。

何故なら…「楽しいから」!

インデックス投資オフ会「ムサコ会」に参加(2017/5)

先月に引き続き参加しました。某所こうきうイタリアンにて。
主催のおぱるさん、参加者のみなさま、今回もありがとうございました。

先月のメモはこちら


★おしながき★
1.【参加者のみなさま】
2.オフ会の話題
 【投資関連】,【その他】

#覚えている範囲で書きますが…後半の投資関連ではない話題がヒートアップして強く印象に残ってしまい、書ききれている自信は全くありません。

【参加者のみなさま】
・おぱるさん
 インデックス投資女子 Around40 Happy Life

 インデックス投資オフ会 第26回「ムサコ会」@赤坂見附
・kenzさん
 インデックス投資日記@川崎
・水瀬ケンイチさん
 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
・さと☆さん
 『心はインデックス』 ~&毎日のあれこれ~
・夢見父さん
 夢見る父さんのコツコツ投資日記

 Gと早期リタイア
・tacaciさん
 tacaciの投資ブログ

・riepo8さん
 @riepo8

・Masami(わたし)

【投資関連】
<そもそも何故投資を始めたか> ※私の場合
1.勤務先で確定拠出年金制度が導入された
2.勤務先の持株購入していたが会社が傾いて持株会を退会した⇒“1社のみは危険”と認識
3.過去のハイパーインフレ時に積立貯金の価値が大きく目減りした(祖母談)
4.超低金利の定期預金だけでは資産形成できない

<投資なにやってる?> ※私の場合
1.確定拠出年金は個人拠出も含め上限額いっぱい、かつ、現在は先進国株式1本で積立
2.自分と子(6)のNISA口座あり。子のNISA枠は満額利用予定。自分は細々と。
3.投資対象は全て株式で主に先進国株式。(VT ETF に含まれる日本株式と新興国株式でちょっと分散)
4.マイナスの個別株あり。どこかで売却してインデックス投資したい。

<アンテナをたてる>
少額でも投信を買付すれば、経済の動きを気にするようになる効果がある。

<利回り>
利回りがマイナスになることはままある。それでもアメリカのITバブルでは2年、東日本大震災では1年で回復している。
一方、"失われた20年" と言われる日本では、バブル景気の最高株価(日経平均?)から20年経っても一度もその株価にはなっていない。

期待リターン5%の初心者のイメージと実際のリターン(利回り)の動きは全く異なる。
初心者のイメージは、「常にプラスでそのプラス幅に変動がある」と考えるが、実際は異なる。大きくマイナスになることもあれば、大きくプラスになることもある。それらを何十年というスパンで俯瞰してならすと5%になるということ。
マイナス・プラス(特にマイナス)を金額で受けとめるか、%(パーセンテージ)で受けとめるかは自分自身の考え方次第。金額かパーセントどちらの場合もマイナスになったとき心の平穏を保てないのなら許容できる範囲を超えている。

よく、一部のごく短い期間(数ヶ月、1年等)を切り出して結果論で語る人がいるが、それは数十年の長期投資から見たらものすごくピンポイントでしかないし、コツコツ続けるインデックス投資とは考え方が全く異なる。

<アクティブ投資>
ファンド買付→プラスで売却し現金化→ファンド買付→プラスで売却し現金化→…の繰返し。

結果で見た場合、確かに長期間コツコツと積み立てるインデックス投資より大きくプラスになる場合もあるけれど、手間もかかるし、何より理想どおりの値動きになるかうまくプラスになるかは未知数。

<株式と債券> ※ほかにも、REITなどいろいろある。
リスクを分散させることでブレ幅を小さくできるが、それはマイナスもプラスも絶対値が小さくなるということ。
例:株式のみだと-20%~+20%だが、債券を入れることで-10~+10%にできる。(利回り。あくまでも目安)

結果は未来のそのときにならなければわからないし、誰も未来がどうなるかは知らない。

 

<株式投資は博打?>

株式投資は博打だ!」と意見する人が "株式会社" に勤めているという矛盾。

 

<VT ETF>
Q:何故これを? (水瀬ケンイチさん)
A:1本で世界中に分散投資できて超低コストだから。それ以上何も考えずにときどき買付している。 (私)

<外国税額控除>
バンガードの超低コスト上場投信利用は、外国税額控除を受ければその分リターンは大きくなるし、仮にそれを受けなくても日本国内の投信と遜色ない期待リターンがある。
個別株の配当控除を受けていると外国税額控除は受けられないかも。
(早くマイナスの個別株を売却してインデックス投信の買付したい…)

<住宅ローン>
リターンが確実な繰上返済。先に返済が原則。
ただし、住宅ローン控除は受けた方がおトク。(利率が1%未満の場合)

<人のせいにしない>
良質な情報があるのに他人まかせにするのは「悪いことを ”他人のせい” にしたいだけ」なのでは?
自分で考えに考え抜いて自分で投資した結果は、全て自分が受け入れるしかない。
自分で行動すれば手数料などのコストもあまりかからずに済む。
(自分のお金を人任せにせず、自分で責任を持ちたいもの)

<ジュニアNISA>
みなさん、お子さんのための資産形成は熱心。
医学部や芸大は少々難しいけれど、お金だけの問題で選択肢をせばめてしまうことがないようにしたい。
親世代の資産形成や資産管理、金融知識は全く通用しなくなっている。金融関連だけではなく、終身雇用の崩壊などの常識も同様。
10年以上あれば期待リターンはそこそこ持てるのでは。

<保険>
自動車保険や火災保険、賠償損害保険等、どう逆立ちしても個人では支払えない事態に備える保険は必須。
高額な生命保険は不要。現時点で新規加入の保険に魅力的な商品はほとんど無い。支出(保険金支払い)に備えてどうしても手堅い運用になりがち。

<生活防衛資金>
病気になったら、高額医療保障がある。(加入組合健保により制度が異なる)
数ヶ月後に返金されるまでの資金は無リスク資産である預貯金でまかなう。
万が一のときにリスク資産(投資)を取崩す事態になるのは無リスク資産の見直しが必要。

★全体を通して
確たる自信はないけれど…「こうじゃないかな」と思っていた考えがあまり間違ってはいないことをあらためて認識できた。
それには、もちろん投資関連書籍(初心者には「全面改訂 ほったらかし投資術」がオススメ!)を読んだり、良質な情報を惜しみなく提供してくれるインデックス投資ブログを見て学んだことによるもの。

なんとなく「こうじゃないかな」と思っていても、やはり自分はまだ初心者・アマチュアで、その認識を確認する術はない。
先駆者となっているその道のプロに聞ける機会を持てたこと、その機会を提供いただいたことはとてもありがたい。

私は、仕事も家事も育児もそれなりで手抜き上等!楽してナンボの精神で日々過ごしているが、投資もそれで行けるのではないだろうか。
技術革新があったのも人間が「楽をしたい」という切なる欲求から生まれてきたわけで。

【その他】
Twitterでバレバレ
旦那さんのツイートを全て見ていて、奥様の「高級イタリアン」のひとことで今までの下ネタツイートも全て見られていたことを知り一気に青ざめた某インデックス投資ブロガーさんがいるとかいないとか。
(でも、みなさんなんだかんだ言っても旦那様と奥様それぞれ仲良しの様子でとても微笑ましい)

◆技術開発はまだぬるい!
何故「G」の撲滅ができないのか。ルンバがあり、追跡ミサイルもあるのに、あやつらを狙撃し撃滅させる技術はまだか。
人類は図体が大きく劣っている。「G」はあの大きさで早くはないものの飛べるし、昆虫の中では能力が高い。(だから何億年も存在している)
「技術者のはしくれとして痛切の極み」(kenzさん)

◆引越理由は「G」
少なくともkenzさんと私はそれが引越理由。(水瀬ケンイチさん、驚く)

◆食後のデザートは大事
「G」の話題で盛り上がる中、黙々とデザートを食べる人が複数。(私含む)

◆飲んだあと
甘いものが欲しくなる派 と しょっぱいもの(ラーメン)が食べたくなる派

ラーメンを食べたくなる人にはこんな説があることをお伝えしたい。
「実は体が塩分を欲しているだけで炭水化物が必要なのではない。塩分への欲求を味噌汁で満たせば自ずと節制できる」

※本記事は、投資のリターン等の保証をするものではありません。投資はご自身にて判断してください。