ほんのひとさじ

ゆるゆる過ごす日々の記録

服を買わずに過ごす(50/100日)

9/18から始めた服を買わずに過ごす試み、まずは100日を掲げて、その半分が過ぎた。

 

前回の記事はこちら。

cafe-spoon.hatenablog.com

 

その前から、とっかえひっかえするほど服を買ってはいなかったが、「全く買ってはいけない」となると若干のストレスを感じた。「このアイテムがあれば…」と思ってしまうのだ。あったからと言っても本当に使い続けられるかはわからないのだが、欲求が出てきた。しかし、「『買わない』ことをまずは100日続けると決意したのだから」と自分を納得させて、あるものでなんとかするしかない。

 

少し飽きてきた頃に季節が変わり、服も秋冬仕様になった。これはとても良い気分転換になった。似たようなものを着ていて、なおかつ、その選択に100%の納得をしておらず妥協しての結果だと、服への不満が募ってくる。

 

自分は『服を買わない』と決めているので、道行くひとを観察するようになった。

「あの人が着ている服、素敵」

「あの服は来年には(流行が過ぎて)着られなさそう」

「服を買わないとはいってもくたびれた服を着続けるのはみすぼらしく見えてしまうな」

等々。

 

こうした思考を続けることで、自分が本当に求める服や、自分に似合う服を選ぶための訓練になっているのかもしれない。

 

現時点では、【セールだからとの理由で、ネットショップを見たり、お店を覗くことがなくなった】ことを効果として感じている。

(被服費がほぼ無い家計簿を見ると実感できる)