読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのひとさじ

日々の雑記

べぇべぇ

今週のお題「方言」

首都と呼ばれる都市の郊外で育った。

父は九州の出身で、母はその郊外より更に山深い市の出身だった。

父は特に訛りはなく、ほぼ標準語を話す。

母もほとんど標準語だが、たまに出身地特有の言葉が出る。

母方の祖母は、江戸っ子ではないのにどちらかというとべらんめえ口調で、若干の訛りがあった。

とはいっても、全く意味のわからない言葉はほとんどない。

その中で、「田舎っぽい」とされる語尾に「べぇ」をつけるものがあったそうだ。祖母もたまにそういう話し方をしていた。以前ほどではなくなったと言いながら。

そんな祖母の昔話のひとつがとても好きだ。

むかし、その田舎っぽいと言われてしまう「べぇ」を止めよう運動があったそうだ。

それを皮肉って「べぇべぇ言葉はやめましょう。なべやつるべはどうすんべぇ」と言った人がいたそうな。

とんちもきいていて、しかも結局「べぇ」が語尾についている。

何か押し付けられることがあっても、こんな風に笑いに昇華させるなんてとても粋だと思う。