ほんのひとさじ

日々の雑記

「君の名は。」4回目鑑賞(ネタバレあり)

※ネタバレを含みます。未鑑賞の方は読まないことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 



1/2、1/8と日をあけず立て続けに観て、自宅ではYoutubeで予告編などの再生ばかりしていたら、息子(5)が「○○くんも『きみのなは』みたい!」と言い出した。
1/24に観に行く予定があったので、そのあとに観に行くことを約束した。

私が散々予告編を再生してそれを聞いてすっかり覚えてしまったのだろう。「らいせいはとうきょうのいけめんにしてくださーい!」と言うようになった。

5歳に理解できるのか、一般の映画では短めとはいえ107分間観ていられるかも心配だったが、これまでいくつか私の観たい映画(スターウォーズなど)に付き合わせたこともあり、本人が「みたい」と言っているのだから、どうにかなるだろう。そう思って出かけた。

割引券を使って観ようとした1館目はなんと満席。これだけ公開から時間が経っていても日曜昼下がりは厳しかった。もう1館へ急いで向かい、こちらも混雑気味とのことだったがチケットは取れた。定価での鑑賞だったが、ちょうど年末年始にハイペースで映画を観たおかげでスタンプが溜まって次回鑑賞が無料になったから良いことにする。

息子は途中で「ながいー」と何度か言いつつも、想像していたよりはだいぶ物語を追えていたようだった。
私が何の前情報もなく初めて「君の名は。」を鑑賞したときほどの衝撃は受けていないだろうけれど。

「たきくんとみつは、あえなくなったけどあえたんだよね。」と言っていたから、大筋は理解したのだろう。
自分が「いい」と思った映画を息子とも共有できたことが嬉しい。

ちなみに。
「おこめたべてくちからだしてたしろいの、ぎゅうにゅうかな?かるぴすかな?」とも言っていたが、違うよ。