ほんのひとさじ

日々の雑記

コメダ珈琲で朝食を

ある日曜日の朝、いや、朝というより早朝だった。いつもなら絶対に起きない時間に、息子が起きた。
というのも、前日は昼間の疲れと興奮から4時(16時)に力尽きるかの如くぱたりと寝たからだ。
息子は外の明るさを「まだ夕方」だと思っていたようだが、「朝だよ」と言うとおかんむり。
最近始めたサッカーの自主練を公園でしようと誘って出かけた。

ボールタッチやドリブル、練習メニューのうち、ひとりでもできそうなことをひととおりこなし、程よいところで切り上げるため、開店直後なら日曜でも入店できるだろうと目論み、コメダ珈琲へ行った。
私は粒あん好きなので、粒あんトーストのモーニング、息子は卵ペーストのモーニングにした。
お店備え付けの本や雑誌を読んでゆっくり過ごした。子ども向けの絵本もあった。

普段の朝は、ほとんどいつも急かして、そして急いでどたばたと出かける。
早く起きた朝には、こんなゆったりした時間を過ごすご褒美があってもいい。

このコメダ珈琲のモーニングで、すっかり卵ペーストを気に入った息子のブームがあれから1週間以上続いている。
卵をゆで、殻をむき、グラスに入れて、ペディナイフで刻んでマヨネーズと和える。
1人分だけつくれるし、さほど手間もかからないので、私は別メニューにできる。
(過去、息子のブームは焼きそば、フレンチトーストなどがあった。しかも2週間以上。飽きる)

さて、今回のブームはいつまで続くだろうか。