読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのひとさじ

日々の雑記

DCの投資割合をまた変更

当初、国内株式:外国株式:新興国株式 を 5:4:1 にしていたが、コスト面から新興国株式を外し、超低コストで運用できる外国株式の比率を増やして 国内株式:外国株式 を 4:6 に先日変更した。

◆2017年4月末時点のDCアセットアロケーション
 国内株式 47.3%
 外国株式 44.3%
 新興国株式 8.4%

DCでは、預替(一旦売却して買付)はせず、バイ&ホールドで通している。

個人的に、今後数十年先の国内株式にはあまり期待していないことと、世界の時価総額で日本は10%程度であることに加え、加入DC制度で選択できる外国株式が一般の投資信託に比べて低コストであることから、外国株式100%の買付に変更した。
すぐにアセットアロケーションが変わるわけではないが、数年後に目指す割合になればいいと考えている。

<おまけ>
シミュレーションなので未来に対して何の保証もないのだが、現在の投資状況とアンケートによる投資判断によるDC運用結果に1.5倍以上の差が開いていた。
もちろん、現在の投資状況のままで推移したほうが金額は多い。

あくまでも試算なので、ここでアクティブ投資信託を選択したところで将来どうなるかは誰もわからないし、結果として良かったのか悪かったのかは、そのとき(未来)にならないとわからないのだ。