ほんのひとさじ

日々の雑記

確定申告は面倒がらずに

私のNISA枠のほとんどを占めるのがこの投信(外国株式)。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT ETF)

これひとつで世界中の株式に投資できる。
配当金は年4回あり、そのままにしておくとドル建てで全く金利がつかない。
とりあえず、ドル建てのMMFを買付(10ドル以上)している。
VTの買付ができる額になったら買付予定。

配当金は元本ではなく利益から出ているが、二重に税金が課税される。(米国10%、日本約20%)
NISAでの投資なら期間内は課税されない。

外国での課税分は確定申告が必要で条件によるが税額控除(外国税額控除)される。

住宅ローン控除で所得税が還付されている(住民税にも還付適用)ので、まだ対象ではなさそう。
どちらにせよ、昨年のふるさと納税でワンストップ特例制度適用ならず課税された分の確定申告をしに税務署へ行くついでに聞いてくる予定。

確定申告は、住宅購入など諸々の手続きではじめて税務署へ行った。
時間はかかるけれど、大事な手続きだと実感した。
面倒がらずにやろう。

時間の都合がつく人は平日に、かつ、確定申告期間開始直後に行くといい。
仕事で休めない人向けには、確定申告期間内の土曜日に2回ほど窓口を開けてくれる。
どちらも開始時間すぐに行くのがベスト。

初めてのときは、できれば確定申告前に一度税務署へ。
期間前でも相談を受け付けてくれるし、不足書類があっても慌てずに揃えられる。

還付だけでなく、条件によっては追徴課税となることもあるようだけど。