読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのひとさじ

日々の雑記

映画館は私の隠れ家だった

映画「ニューシネマパラダイス」のように近所にあって毎日通ったというわけではない。
個人的に映画館のスタッフと仲良くしていたわけでもない。

家の近所には映画館がなかった。
バスに乗って駅へ行き、そこから電車に乗って終点のターミナル駅まで出ると、映画館はたくさんあった。

シネコンなどなく、1館で1作品ないしは2作品の上映だった。
当時中学生だった私は、観にいく作品と時間を新聞で確認して出かけた。

潤沢な小遣いが与えられていたわけではない。
多くても月に1度の楽しみだった。

家に居たくないとき、ひとりで過ごしたいとき、最も長時間家を出られる方法として選んだのが映画だった。
家から遠く離れたターミナル駅には、家の最寄り駅とは違い、近所のおじさん、おばさんの目もない。知った顔を見ることもない。

そうした開放感を味わいつつ、映画を観た。

映画を観る前はこれから観る映画への期待を持てる。
映画を観ている間は映画の中にいられる。
映画を観たあとは映画の余韻に浸れる。

往復で約2時間、映画本編で約2時間、計4時間、その映画を味わった。至福の時間だった。

自分にとって、映画館へ行くことは心を平穏にする方法のひとつ。