ほんのひとさじ

日々の雑記

ムサコ会に参加

インデックス投資初心者のつたない質問にも答えていただけるというオフ会に参加しました。
主催のおぱるさん、参加者のみなさま、ありがとうございました。

質問すると脊髄反射かと思うくらい即、答えが返ってきました。
知識も反応もすばらしい方々でした。

【参加者のみなさま】
・おぱるさん
 インデックス投資女子 Around40 Happy Life

 インデックス投資オフ会 第25回「ムサコ会」@渋谷

・kenzさん
 インデックス投資日記@川崎
・NightWalkerさん
 NightWalker's Investment Blog

 「ムサコ会」@渋谷に行くの巻

・ゆうきさん
 ホンネの資産運用セミナー(インデックス投資ブログ)
・riepo8さん
 @riepo8
・スミ デラックスさん
 株・FXで含み損を抱えた主婦・・コツコツ積立投資始めました
・わたし

オフ会での話題を、覚えている範囲で投資関連とそれ以外にわけて箇条書きします。
話すのに夢中で写真は撮り忘れ…文章のみでお届けします。
kenzさんの発言が多いのは、発言主がはっきりしているのがkenzさんだけだからです。(すみません)
あと、内容がおもしろくって。(←失礼)

【投資関連】
◆個別株で分散投資するなら30銘柄は必要。50銘柄あれば十分分散投資していると言える。
 ※ただし、日本だけだと十分とは言えない。(日本全体がダメになった場合のリスク分散ができない)

◆投資にいくら充てるか(無リスク資産としてどれだけ残すか)は人それぞれ。
・無リスク資産が「給与の3ヶ月分」で十分な人もいれば、某ゲイツ氏のように毎月億単位(?)の金額が手に入る人なら1ヶ月分もいらない。

アセットアロケーションも人それぞれ
新興国株式はいらないという人もいる。
・世界の時価総額の比率は、先進国 8:日本 1:新興国 1。この割合で投資するのもあり。
 (インデックス投資は "世界経済はゆるやかでも成長していく" ことを期待して投資する)
・先進国で "日本抜き" はあるが、"米国抜き" もある。
バランスファンドも投資期間が長くなり投資関連の知識がついてくると自分のアセットアロケーションに合わず気に入らなくなる。

◆初心者向きといわれる「セゾン・バンガード」は、投資期間が長くなると新規買付しなくなる。
 (ほかにいい投信があるから?)

日本株インデックス投信
・日経225は225銘柄を扱うが某企業の割合が日経TOPIX連動と大きく異なる。実態を反映していない。

◆インデックス投信選ぶなら
・どんどんコストの安い投信が登場している。
・今なら「ニッセイ」「たわら」「iFree」いずれか、前者2つを選んでおけば間違いはない。

◆インデックス投信とETFの違い
・インデックス投信は1日単位でしか値動きがない。買付も売却も目安でするしかない。
ETFは毎時(分,秒)ごとに値動きがある。買付・売却のタイミングが難しいが決めた価格で取引できる。

◆配当込み/なし
・配当が基準価格やコストに反映されると運用にブレが出る。配当込みのベンチマークの投信の方がブレが少ない。

◆為替ヘッジあり/なし
・コスト(手数料)を考えると圧倒的に「為替ヘッジなし」になる。「為替ヘッジあり」は従業員の退職金を運用するなど為替の影響を抑えたい運用者向け。

◆証券会社の誘導に注意して投資のタイミングを図る
SPA!東スポ を除く雑誌で「今が株の買いどき」「投資するなら今」といった特集が組まれたら
それは『投資するタイミングではない』という合図。
・証券会社のキャンペーンはうまく利用する(そのために複数の特定口座を開設して維持のためだけにごく少量保有するのもアリ)
・証券会社や銀行が広告などで大々的にイチオシしてくるものは『関わるな』のサイン。
 (例:"ロボアド")
・証券会社の前でうなだれるオッサンの映像がニュースで流れたら買いどき(笑)。

◆目論見書や運用報告書で見るべきところは "コスト"
・「だって100円預けてるのに信託報酬20%超だと70円台になっちゃうの、おかしいでしょ」(kenzさん)

◆投信のスポット買付は1万円からだけど積立は500円/月からできる

SBI証券なら銀行引落しのでの買付もできる。(設定すればあとは自動!)

◆不動産投資にもいろいろある
・自身の子どもまで動員して時給換算で500円程度の掃除をするワンルームマンションオーナーは果たして賢い投資と言えるのか。
 そもそも、人口が減少しているのに次々と税金対策でマンションやアパートができているから空室だらけになるのは必然。(その中でうまく運用するのは難しい)

◆投資しようとするまとまったお金があるならその量にもよるが一度に買付するのではなく何回かに分けて買付がいいかも。

◆NISA口座の投資がプラス10%なら売却してもいい(考え方は人それぞれ)

◆いつ・どのタイミングで投資すれば最大の利益を得られるか正解は誰にもわからない。
・あとから見て底をうったとわかるのであって、その時点では下落や暴落が本当の底かはわからない。
・下落局面で積立とは別に余剰資金でプラスの買付をしてもいい。
・2,3年の短期間だけを切り取って「このアクティブファンドなら○%の利回りがあったのに、インデックス投信は△%しかなかった。インデックス投資家はバカだ」という輩がいるかそんなのは●●(ピー)だ!(kenzさん)

インデックス投資の期待リターンは5%。期間は何十年。つまり、現役で働いているうちから積み立ててリタイアして死ぬくらいまでの期間。
・もちろん大きくマイナスになることもあればプラスもある。プラスと同じ割合でもマイナスになったときの精神的ダメージ大ならリスク資産への投資を考え直す必要あり。

◆住宅ローンがあるなら投資より返済を優先するのがいいのでは。

◆俗に "お宝保険" と言われる個人年金
・加入しているならラッキー。(保険会社にとってはお荷物だろうが)
・今、加入はすすめられない。

インデックス投資家は余暇を楽しむ時間ができる(が、ブログ継続は困難)
インデックス投資を続けていると、やることがなくなってくる。
 (自動積立であれこれ気にする必要がないから)
・そして、ブログネタもなくなってくる。
 (決まったことを愚直に続けるだけだから)
・だから、インデックス投資ブロガーさん達の集まりで部活動(笑)している。
 卓球部、軍艦部…etc
・「ブログの更新最近ないですよね」「誠に申し訳ございません」(kenzさん)

インデックス投資の本
・「ウォール街のランダム・ウォーカー」は図書館の貸出期間(2週間)では読みきれない。読むのに体力、気力、精神力が必要。投資初心者には難しい。まだ「敗者のゲーム」の方が読みやすいかも。
・初心者へのおすすめは「全面改訂 ほったらかし投資術」。

【その他】
プレモルのピッチャーからちゃんとビールが出てきた!泡だけじゃなかった!

◆渋谷の一等地で格安にて卓球できる
・なんと、600円/時間(平日)、900円/時間(休日)。人数割可能。
 朝10時からやっている。運動不足解消。終電逃したときにも使える。オーナーは税金対策か?

◆ミサイル
・迎撃の精度はかなり高いが、物量作戦で来られたら間に合わないかも。
 (軍艦の話が始まると長いよ~(笑))

iPhoneをはじめとするガジェットなどの進化はめざましいのに人間の肉体的苦痛から開放される技術開発は何故されないのか。
・風邪も根絶されないし、花粉症は「仕方ないですね」の一言で片付けられる。やろうとしてないだけじゃない?

【最後に】
今回は投資の話がだいぶ多めだったらしいです。

※本記事は、投資のリターン等の保証をするものではありません。投資はご自身にて判断してください。

ショップからのメルマガ

「時間を有効に使いたい」「手間が省ける」等々の利点のある、ネットショッピングだが、最も重宝している要因は「出不精」ではないかと思う今日このごろ。

ネットショッピングでなくともモバイル会員だのアプリ登録だので、結局おトクに買い物をするためにはメルマガ登録が必須のことも多い。

私は、こちらの意志に関わらず相手から送られてくるプッシュ型のメールのことを「基本的にただの "買え買え" 攻撃」だと思っている。
必要もないのに買いませんよ…ただでさえついつい騙されちゃいそうになるのに。
(過去、お店側の戦略で散財していた時期もあった)

それでも、ときどき、あるいは、ほんのたまに、おトクに買い物できるお知らせもあって、買いたいときに使えるか確認するためだけに厳選したうえでメルマガ配信を受け入れている。

よって、ほとんど中身を見ずにメールをゴミ箱へポイしているのだが、先日それで損をしてしまったことがあった。誕生日特典の割引クーポンがあったのに、その月にそのお店で買い物をしたのに、使わなかった。
しかも必要性があって買ったものでそこそこの値段を出しただけに、クーポンを使わなかったことが惜しまれる。

過ぎたことをあーだこーだ言っても仕方がないので、次いってみよー!
(意訳:次回からは気をつけよう)

さて、出不精にはありがたいネットショッピングだが、問題もある。
それは、気がつくと段ボールが溜まっているということ。
資源回収日に出そう出そうと思っているのに、何故か回収日をスルーしてしまう。
「さあ出すぞ!」と気合を入れた日は雨だったりもする。(←天気のせいにしてはイケマセン)
梱包を開梱したときに仕分けすることは習慣になったが、回収日に出すことも習慣化したい。

ヤフオクで久しぶりに出品

出品したのは株主優待券。

 

この株は、親名義だけど購入資金は私が出した株で、実は昨年のバイク購入資金にあてるため、親に売却した。
(もちろん、親には違う理由を告げた。親はバイク購入を知らない、はず)

それでも「使わないから」と優待券をくれたので、出品を思い立った。

勉強のために入札をしてみたところ、あまりの便利さに感動!

もう何年も出品はしていなかったし、不安ではあったけれど、1週間ほど同等品の値動きなどをウォッチしてから出品。
出品後数日は全く入札されなかったけれど、終了間際に希望落札価格には届かなかったものの、出品価格よりも高く落札された。
そしてお金の取引もすぐできた。(便利!)

売上は、ジュニアNISAでの積立に充当。
間接的に祖父母から孫へのプレゼントになった、ことにしておく。

アセットアロケーション(2017/4)

運用報告書や現在の評価額を見ながら割合を計算してみた。

◆私 (DC,NISA含む)
先進国株式:51.9%
日本株式:41.0%
新興国株式:7.1%

◆ジュニアNISA
先進国株式:79.1%
日本株式:10.3%
新興国株式:10.6%

あらためて計算してみると、特に調整したわけではないのに、ちょうどジュニアNISA分が自分の求める(良さそうだと思う)割合「8:1:1」になっていた。
(もう少し先進国株式の割合が高くてもいいかな、くらい)

「先進国株式6:日本株式4」で設定しているDCを先進国株式のみにしようか考え中。

ここのところ何かと物入りで、DCとジュニアNISAしか買付できていない状況を打開したい…

年間支出(ほぼ2016年実績。一部概算)

手取収入に占める年間支出の割合を計算してみた。
多い順に下記のとおり。

1. 住居費(税・管理費等含) 27.9%
2. 車両関連(車バイク/駐車・税・ガソリン) 14.0%
3. 娯楽・交際費 10.0%
4. 食費 9.8%(うちビール1.4%)
5. 外食(社食含) 8.9%
6. 日用(衣料・美容・ペット含) 7.8%
7. 教育(習い事・学校・書籍) 7.5%
8. 光熱費・通信費 4.2%
9. 保険(車両以外) 3.4%
10. 携帯(本体1/2含) 2.3%
11. 交通費(公共交通機関・高速) 1.4%
12. 医療(予防接種含) 0.9%
-----------------------------------------------------------------
計 98.1%

(余裕がない・・)

医療費は持病があって定期通院しているので、検査によってはもっと多くなる場合もある。
車両関連に本体価格は含まない。

昨年は、10%以上支給額が減少した。保険などの見直しをしても減少分は補填できていない。
給与引去の増額もあった。
近々駐車場の契約見直しにより更に支出を抑制する予定。

あと2年ほどで住宅ローンが現在の超低金利で見直しされることに伴い、少しは負担が軽くなる見込み。

マンション購入の話

現在、持家(賃貸ではない)のマンションに住んでいる。
特に持家が欲しいとの希望もなかった。
お金があれば土地を購入してイチから設計して素材などにもこだわった家を建てたいと妄想したくらいだ。
もちろん、実際にはそんなお金はない。

今のマンションは、たまたま購入した。

現在の居住地域は、相続税対策なのか賃貸マンションやアパートが多く、分譲マンションは少ない。
たまに新規分譲マンションが出ると、希少価値を謳う広告が出るくらいだ。
この地域での分譲マンション購入に何年もかけて探すひともいると聞く。

マンションを購入したときは、アパートに住んでいた。

昔のつくりの2DKの二階建アパートで、玄関からすぐにDKがあり、脇にトイレと風呂、廊下がなく2間続きの和室という間取りだった。隣の棟とは程よい距離があり南向きで日当たりも良かった。
築30年ほどのためか、周辺の相場より同等の広さの物件の中ではかなり家賃が安かった。そのためか、2DKにしては大人数の家族構成で住んでいた部屋もあれば、少し変わった住人もいた。平日は仕事で帰りが遅く、また、休日も出かけていることが多くて、あまり気にならなかった。

駅から近い割には閑静な住宅街にあり、月々の固定費が安くて気に入ってはいたが、入居後しばらくしてある存在に日々悩まされることとなる。
そう、あの憎いイキモノに。

実家にもよく出ており、またムカデなどもいたので、多少の耐性はあったが、ここでの遭遇頻度はそれの比ではなかった。
少しでも人の気配がなくなると必ずと言っていいほど出現するのだ。その都度駆除するが、毎日どころか毎時その繰り返し。
ノイローゼほどではないものの、さすがに参ってしまった。

そんな矢先にたまたま、今のマンションのモデルルームの存在を知った。
購入する気はなかったが、モデルルームや、ほぼ完成していたマンションの購入可能な部屋を見学し、購入してもいいかという気持ちになった。(営業トークの影響も多少はあったかもしれない)
購入を後押しした大きな要因として、あのイキモノの存在も大きかった。

あっさりとローン審査も通り、アパート入居から1年足らずで今のマンションへ引越した。
管理費や駐車場代、月々のローンなどの負担はアパートのときより多少増えたが、室内では辟易していたイキモノを、入居して5年以上経っても見たことはない。
ベランダでは目撃したが、このあたりは昔は田んぼで水路が張り巡らされている影響と思われる。

その後、このあたりのマンション相場はかなり上がってしまい、特に新築では希望の広さの購入はかなり困難になった。(ローン審査を通っても、それが返済できる適切な金額とはとても思えない)
万一の売却や、賃貸に出しても需要はありそうだと思うことにする。

これから息子が小学校へ上がることもあり、余程のことがなければこのままこのマンションに住み続ける予定。

QOL ~ランチへの執念~

以前(3,4年前)は、QOL(Quality Of Lunch = 自分ひとりで自由になる平日ランチの質)を日々積み重ねるべく、勤務先のビルからはふつう行かない遠い場所にあるお店にも足繁く通っていた。(私の仕事は内勤で出張はほぼない)
※このQOLは私の造語

同僚には「ランチに命を賭ける女」だったか「ランチに執念を燃やす女」だったかどちらかの称号を授けられた。(今となってはうろ覚え)

今日、久しぶりにその店へ行こうと決意し、交差点を渡るのに信号の待ち時間等も考慮して最短ルートで走っていった。店の前まで行ったら、なんと営業していないではないか!張り紙を見ると、3号店で営業しているとのこと。
2号店、3号店と支店を出したことは知っていたが、だからこそ久しぶりに1号店(本店)に来たのに。
しかし、落胆している暇はない。ここまで私の中で盛り上がった "旨いランチをお腹いっぱい食べる" 気持ちを抑えられないし、目的を果たさずには帰れない。
2号店となる場所で以前営業していたお店にランチで通っていたから、2号店の場所はわかる。ここからも迷わず行ける。3号店はだいたいの場所はわかるが迷っている時間的余裕はない。「本店が営業していないのなら2号店」とターゲットを変えた。2号店にしたのはもうひとつ理由がある。系統は全く異なるが2号店のそばにも定宿ならぬ定"食"があるのだ。万が一すぐに入店できない場合はそちらもやむなしと思って2号店へ向かった。
果たして2号店へはそれほど待たずに入店できた。

欠食児童の如くもくもくと食べ、周囲で優雅に談笑する女性たち(ここは女性客が圧倒的に多い)を尻目にさっさと会計を済ませてお店を出た。

ちなみに、この1号店にランチで入れなかったのはこれが2度目。1度目は貸切営業のためだった。
そのときは2号店そばの次候補のお店(暖簾わけされた)の本店へ行った。
ハズレはできるだけひきたくないので、暖簾わけや支店の情報を頭に入れておくにこしたことはない。

教訓:久しぶりに行くお店は事前に営業状況を確認しておくべし