ほんのひとさじ

日々の雑記

31の日

31日、3月1日は、31アイスクリームのダブルが33%引になる。
すっかり味をしめている息子といつも行くことになっている。

この日も31日で、31アイスクリームへ行った。

見た目のかわいらしさからか「チョコミント」がいいと息子が言いはじめた。「大人の味だよ?」と言ってもそれでもチョコミントがいいと言う。味見(テイスティング)をすると、一口食べて、無表情で無言のまま。想像とは違った味で好みではなかったらしい。お店のお姉さんにも笑われた。
結局、バナナアンドストロベリーに落ち着いた。
店内で食べた。

たくさんのダブルを持ち帰りで注文している人が「オレンジソルベをダブルで」と注文していた。
「乳製品を使っていないのはこれだけですよね?」とも言っていた。アレルギーっ子へのお土産かもしれない。店員さんもファイルを確認していた。それから、ほかのものと袋を別にするかも聞いていた。敏感な子は、アレルゲンが少しでも触れるとアレルギー反応が出てしまうと聞いたことがある。
(ただ、アイスクリームのショーケースがほかと同じなので、持ち帰りの袋を分けても大差ないとも思う)

息子は今のところ全くアレルギーはないが、こうしたアレルギーにも配慮した対応ができるお店が増え、またマニュアルなり、知識が浸透しているのでは、と思った。

「君の名は。」4回目鑑賞(ネタバレあり)

※ネタバレを含みます。未鑑賞の方は読まないことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 



1/2、1/8と日をあけず立て続けに観て、自宅ではYoutubeで予告編などの再生ばかりしていたら、息子(5)が「○○くんも『きみのなは』みたい!」と言い出した。
1/24に観に行く予定があったので、そのあとに観に行くことを約束した。

私が散々予告編を再生してそれを聞いてすっかり覚えてしまったのだろう。「らいせいはとうきょうのいけめんにしてくださーい!」と言うようになった。

5歳に理解できるのか、一般の映画では短めとはいえ107分間観ていられるかも心配だったが、これまでいくつか私の観たい映画(スターウォーズなど)に付き合わせたこともあり、本人が「みたい」と言っているのだから、どうにかなるだろう。そう思って出かけた。

割引券を使って観ようとした1館目はなんと満席。これだけ公開から時間が経っていても日曜昼下がりは厳しかった。もう1館へ急いで向かい、こちらも混雑気味とのことだったがチケットは取れた。定価での鑑賞だったが、ちょうど年末年始にハイペースで映画を観たおかげでスタンプが溜まって次回鑑賞が無料になったから良いことにする。

息子は途中で「ながいー」と何度か言いつつも、想像していたよりはだいぶ物語を追えていたようだった。
私が何の前情報もなく初めて「君の名は。」を鑑賞したときほどの衝撃は受けていないだろうけれど。

「たきくんとみつは、あえなくなったけどあえたんだよね。」と言っていたから、大筋は理解したのだろう。
自分が「いい」と思った映画を息子とも共有できたことが嬉しい。

ちなみに。
「おこめたべてくちからだしてたしろいの、ぎゅうにゅうかな?かるぴすかな?」とも言っていたが、違うよ。

投信積立キャンペーン(1/31まで)にエントリー (SBI証券)

メイン証券口座として利用しているSBI証券で抽選で現金プレゼントのキャンペーンをやっていたので、対象となるよう投信積立設定を行った。
エントリーと言っても条件を満たせば自動的にエントリーされる。
今回はNISA(ジュニアNISAも!)も対象。

投信積立キャンペーン(1/31まで)

<注意>
このページから「対象ファンド」を開くと『高リターンを狙うならこれ!運用力に期待が持てそうな「アクティブファンド」をピックアップ!』に誘導される。対象ファンドはそれだけではない。

対象の一覧はこちら

randomwalker.blog19.fc2.com


上記のランキングにある投信ブロガーさんおすすめの投信も対象なので、普段は積立設定ではなくタイミングを見て購入しているが、期間中(2-3月)は積立買付することにした。

積立設定したのはこちら。
・ひふみプラス
・たわらノーロード 先進国株式
・ニッセイTOPIXインデックスファンド

キャンペーン対象積立期間が終わったら積立設定をやめ、「ここぞ」と思ったタイミングでの買付に戻る予定。

"タイミングを見て購入" とはちょっと遊びごころのある投信の買付で、著名な投信ブロガーさんを真似たもの。

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」

※本記事は、投資のリターン等の保証をするものではありません。投資はご自身にて判断してください。

免許更新 ("大型自動二輪" 追加)

普通自動二輪は教習中にバイクを購入していたので、教習所での卒検合格後すぐに免許の更新をした。
誕生日の冬にずっと更新しているので写真はいつも冬の格好だが、このときは真夏で貴重な1枚となった。
特に乗る予定がないのに単なる勢いとちょっとした意地で通った大型二輪は、卒検後すぐに更新しても有効期限が変わらず、卒検合格後1年以内に運転免許試験場で更新すれば良いので、誕生日が過ぎてから更新に行くことにしていた。

前回の普通二輪更新時は8月で学生の夏休みと重なっていたためか、受付から新しい免許を受け取るまでだいぶ時間がかかった記憶がある。普通自動車運転免許取得時とは異なる試験場で勝手がよくわからなかったことや、午後に更新したからかもしれない。
今回は冬の午前に行ったからか、思ったよりもすぐに受け取ることができた。

待ち時間の間、いろいろな人が試験場に来ているのを眺めていた。

まだ首の座らない赤ちゃんを抱っこしていた若い夫婦は更新時期だろうか。
紛失の届出をしていた年配の上品そうなご婦人は、本籍地の記憶が定かではないようだ。
免許を返納して代わりに身分証の発行を依頼する年配の男性もいた。
全く車の運転はしておらずずっと身分証がわりに使っていたらしい。一度返納すると再発行できない旨を念押しされていた。いつか私にもそんなときが来るのだろうか。

「君の名は。」3回目鑑賞(ネタバレあり)

※ネタバレを含みます。未鑑賞の方は読まないことをおすすめします。

 

 

昨年からずっと観たくてでもなかなか観られなくて今年に入ってやっと観た「君の名は。」を早々に2回目も鑑賞して「良かったからまだ観ていないひとがいたら観て欲しい」と書いたところ "(おそらくその人にとって)大事なひとと観に行く" とコメントを寄せてくれたひとがいた。

それ自体も羨ましかったし、何より諦めかけていたことを(きっと)粘り強く交渉して実現させたであろう彼女にほんの少しでも近づきたいと思った。

 

私は映画は主にひとりで観る。しかし、「君の名は。」はひとりで観ても良いがふたり以上で観てもいいのではないかと感じた。

映画館で映画を観るのは苦手だと言うひとに「一生のお願い」とは言っていないが「どうしても一緒に観たい」「好きなものや好きなことを共有したい」と感動の押し売りの如く、しつこく言ってみた。

話題作とはいえ、邦画、しかもアニメ、同じ場所にじっと座っていることが苦痛なひとにとってはほぼ拷問に近いことだろう。

それでも根負けしたのか、私のわがままを受け入れてくれたのか、本当のところはわからないし、無理矢理に近いが観に行くことになった。

諸々の事情から某オシャレな街のシネコンへ行った。着いた途端、よくわからない建物構造ややたらと凝ったつくりに嫌気がさしている様子で、それは私も同じなのだが、映画本編まで持つのかとヒヤヒヤした。

席についても生あくびをしたり、観る前から疲れているようで、鑑賞中に寝てしまうかとも思った。CMや予告編も長く「DVDなら飛ばせるのに」と言っていた。映画館では時間が過ぎるのを待つしかない。途中で寝てしまっても仕方がない、ここまで来てくれただけでもいいと思っていた。一緒に来ることができたことだけでも嬉しかったから。

 

私は既に2回観ているので、多少映像を見逃しても物語は追える。だから、上映中に隣の反応をたびたび窺っていた。

笑いを誘う場面では笑っていたし、スクリーンに見入っているようにも見えた。ほっとした。

 

鑑賞後、こう言っていた。

「男女が入れ替わるのは知ってたけど、まさかこんなに重い話だとは思わなかった」 

神木隆之介の声は良かった。役にあっていた」

映画の予告や断片情報を知っていても、楽しんでもらえたように思えた。

 

それから、「すごくいい映画だと思う。一緒に観られて良かった。」とも言っていた。無理を言って一緒に来てもらった上にこうした感想をいだいてもらえた。自分の好きなことを好きだと言われるのがこんなにも嬉しいものだと再認識した。

 

最後に笑い話をひとつ。

鑑賞後、とりとめのないことを話している中で、いつも話によく出てくる人の名前がどうしても出てこなくなっていたので、劇中のセリフ「あのひとの名前が思い出せないの!忘れちゃダメな人!忘れたくない人!」を思わず言ってしまった。

単純にど忘れしただけと思うけれど、そのときの状況をあらわすのにぴたりとはまっていて、しばらくの間、ふたりで笑っていた。

2017年やりたいこと100リスト

1月も終わろうとしているが100まで埋まらない。済んだものも数件ある。
既にできそうにないものもある。
自分のことで50、息子のことで23の合計73になったので、ここらで打ち止めか。

◆2017年やりたいことリスト
<食べる>
1. ル・ププランのオペラをホールで食べる ⇒済1/22
2. キルフェボンのケーキを食べる
3. 近江屋洋菓子店のパンまたはケーキを食べる
4. かき氷屋のふわふわかき氷を食べる
5. 徳澤園のソフトクリームを食べる
--5
<バイク・車>
1. バイクの安全運転講習会へ参加する
2. バイクの走行距離を5000kmに伸ばす
3. 大型自動二輪の免許更新する
4. 大型バイクの試乗またはレンタルする
5. 遠く(片道100km超)へツーリングに行く
6. ヘルメットにフォトクロミックシールドをつける
7. ステッカー以外のバイクカスタムをする
8. 車のオートロックを修理する
9. 車の苔を取る
--14
<ブログ>
1. ブログを続ける(目標 1記事/日)
2. 読んだ本の感想を書く(目標 1記事/月以上)
3. 観た映画(録画,DVD含む)の感想を書く(目標 1記事/月以上)
--17
<日々・生活>
1. 毎日の出来事を記録する
2. 不用品の整理をする/捨てる
3. 思いついたアイデアはその場でメモを残す
4. ひとりの時間を持つ (2時間/月以上)
5. 新しいことに挑戦する(その対象を見つける)
6. クリスマスまでに年賀状を出す
7. 納得のいくニットを買う(ここ数年買っていない)
8. アンティークものを生活に取り入れる
--25
<お金>
1. 支出を減らす(見直す,買う前に本当に必要か考える,できるだけ安く買う)
2. 年間カード支払額を目標金額にとどめる(公共料金等支払い含む)
3. 計画的にふるさと納税する(年末駆け込みしない)
4. 投資する(小額でも続ける)
--29
<文化・教養>
1. 本を読む(再読含まず50冊/年以上)
2. 文学書を読む(1冊/月以上)
3. ビジネス書を読む(1冊/月以上)
4. ピアノで「君の名は。」の曲を練習する
5. ピアノでクラシック曲を練習する
6. ピアノで星野源の曲を練習する
7. クラシック音楽を聞く(Eテレ?)
8. 美術館へ行く(2回/年以上)
9. 映画館で映画を観る(12作/年以上)
10. 録画した映画を観る(2作/月以上)
11. 庄野潤三著作を読む
--40
<誰かと何かする>
1. ビアガーデンへ行く
2. ツーリングへ行く
--42
<どこかへ行く/行って何かする>
1. 温泉に行く
2. 三峯神社へ行く
3. 飛騨へ行く(「君の名は。」)
4. 矯正歯科へ行く(数年サボり中)
5. 鍼灸治療院へ行く(鍼やりたい)
6. キャンプへ行く
7. 焚き火をする
8. ライブ・コンサートへ行く(生演奏を聞く)
--50
<息子(6)と何かする/させる>
1. 泊まりでおでかけする
2. 京急三崎まぐろきっぷで出かける(3月までに)
3. バイク体験(キッズバイク)させる ⇒済1/21
4. ポケバイ体験させる(中井インターサーキット)
5. タンデムする(8月以降)
6. ジェットコースターに乗る
7. りっくんランドへ行く ⇒済1/21
8. 寝台列車に乗る
9. ツインリンクもてぎへ行く
10. サッカークラブへ入部する
11. モーターサイクルショーへ行く
12. 日帰り登山する
13. 水族館へ行く
14. 電車の博物館へ行く
15. 博物館(電車以外)へ行く
16. 工場見学する
17. 何らかの体験をする(2016年は車整備士をした)
18. スキーに行く(スキースクールに入れる?)
19. キアゲハを育てる(パセリを育てて産卵してもらう)
20. ヤマハコミュニケーションプラザへ行く
21. フロンターレ vs セレッソの試合観戦
22. 本の読み聞かせをする
23. NISA枠使い切る
--73

バイク用ジーンズ購入

これまで、ジーンズ(無印良品)でバイクに乗っていた。冬は寒いので、メリノウールのタイツを中に、さらにすきま風防止のレッグウォーマーをつけていた。全てもともと持っていたものだ。

本当は、膝プロテクターも入れられるライディングジーンズが欲しかったが、男性用しかない。なので、防風・防寒対策されたジーンズを買った。

MISS EDWIN ミス エドウィン / WILD FIRE [ワイルド ファイア]

試着のできる2りんかんで購入した。
サイズ展開は、XS,S,M,L。
Mを試着したところ、若干丈が長かったが、靴を履いて踏んでしまうほどではなく、裾上げすると足首が露出してしまうことから、そのまま履くことにした。

どちらかといえば背が高め(165.5cm)で、平均的な体型向けにつくられた服では困ることや妥協することも多いが、こういうときはこの体格で良かったと思う。
(※長めにつくられたジーンズやパンツでは通常裾上げしている)

ところで、この「ワイルドファイア」だったかどうか定かではないが、女性用ライディングジーンズとして白のジーンズが売っていた。
バイクに乗っているだけで汚れるのに、誰が買うと言うのか・・
よく言われることだが、男性用として販売されているウェアやグローブなどの小物類をそのまま女性向けにしてくれるだけでいい。花柄、ピンク、白…etcは求めていない。